review

「わろてんか」91話。落語回にハズレなしの神回(「死神」だけど)

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第16週「笑いの新時代」第91回 1月20日(土)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:川野秀昭
「わろてんか」91話。落語回にハズレなしの神回(「死神」だけど)
イラスト/まつもとりえこ

連続朝ドラレビュー 「わろてんか」91話はこんな話


団吾(波岡一喜)がラジオで落語を披露。興味をもった新しい客が、翌日寄席に押し掛けた。

落語第三弾


「笑いの歴史のとんでもない瞬間を味わったのかもしれない」(藤吉)

団吾は落語「死神」をやる。主人公の名まえを「藤吉」にして。そこに、彼の思いがこもっている。
そして、これは東京の落語で、団吾はいつの間にか、東京の落語も会得していたと、藤吉も、東京から帰ってきたばかりの万丈目(藤井隆)も感心する。

しかも、団吾は、声しか聞こえないラジオで、ちゃんと着物着て、ろうそく立てて、死ぬときはバタリと倒れて・・・と演じてみせる。ろうそくが消えた瞬間が、声だけで十分伝わってくると、万丈目たちを驚嘆させるのだ。

団吾の天才的な落語によって、生で落語が見たいという観客が寄席に押し寄せる。
いいものはその目で見たいと思うもの。どんなに記録媒体が発達しても、生は原点。原点は何ものにも負けないのだ。

「時うどん」の文鳥(笹野高史)、「崇徳院」の団真(北村有起哉)、「死神」の団吾と、落語回はハズレなし。

命について


団吾は64話で、花を生けながら、花の命は短い、それと同じで笑いも鮮度が大事というようなことを言う。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年1月22日のレビュー記事
「「わろてんか」91話。落語回にハズレなしの神回(「死神」だけど)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    確かに風太の告白は、関白宣言のようでした。

    4
  • 匿名さん 通報

    第17週のタイトルの「ずっと、わろてんか」、なんか最終週かと思ってしまうような思わせぶりなタイトルですね。いよいよ藤吉が・・・、ということでしょうかね。

    3
  • 匿名さん 通報

    団吾の天才芸の「紅天女」方式説は外れだったわけですね。天才芸とまでは行かないまでも雰囲気は出ていたと思います。藤吉が芸が下手な設定じゃなかったら松坂桃李も芸を上手く演じられたのか?が知りたいですね。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

わろてんか

わろてんか

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のレビュー連載。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース