review

いけばな57流派が百段階段を飾る。高嶺の花豪華絢爛「いけばな×百段階段2018」が凄いらしい

ホテル雅叙園東京の一角にある「百段階段」。昭和10年に建てられた、東京都の指定有形文化財だ。
長い階段が7つの宴会場をつなぐ建物で、かつては料亭として使われていた。
日本画や彫刻、螺鈿細工など、部屋ごとに個性が異なる豪華絢爛な装飾が特徴。「昭和の竜宮城」とも呼ばれたという。

その宴会場を「いけばな」でさらにきらびやかに飾ろうというのが、「いけばな×百段階段2018」だ。
全国各地から華道の流派、合計57団体が集まり、9週間にわたって開催されている。
いけばな57流派が百段階段を飾る。高嶺の花豪華絢爛「いけばな×百段階段2018」が凄いらしい
百段階段。実際は99段でできている

個性豊かな「花と場の調和」


今回の展示の最大のポイントは、各流派のいけばなを部屋の空間ごと味わえること。

「普段いけばなの展示は、デパートの会場やギャラリーなど、無地の無機質な空間で行われることがほとんど。でも、百段階段というのはそれ自体がユニークな和の空間です。いけばなは床の間からはじまった文化なので、花本来の姿を見せて、流派ごとの個性が際立ちます。私たち華道家にとってもやりがいのある企画です」
そう話すのは、イベントの企画協力を行う「公益財団法人日本いけばな芸術協会」の海野俊彦さん。
いけばな57流派が百段階段を飾る。高嶺の花豪華絢爛「いけばな×百段階段2018」が凄いらしい
第三期の担当流派

10月5日〜10日時点での流派リストはこんな感じ。
ひとつの流派がひとつの部屋を丸ごと仕上げるという仕組み。
1週間ごとにいけこみ(花をいける)の日を設け、ローテーション制でその都度がらりと流派が変わる。
いけばな57流派が百段階段を飾る。高嶺の花豪華絢爛「いけばな×百段階段2018」が凄いらしい
一様式いけ花

たとえば、階段をのぼってひと部屋め「十畝の間」を飾るのは、一葉式いけ花

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
「いけばな57流派が百段階段を飾る。高嶺の花豪華絢爛「いけばな×百段階段2018」が凄いらしい」の みんなの反応 1
  • 匿名 通報

    ふつーに館内を花いっぱいにした方が効果的な気がするけど...。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース