review

中国発超大作SF映画「流浪の地球」ひりつくような気迫と余裕が入り混じった衝撃の一本

『流転の地球』は、中国発の超大作ブロックバスターSF映画である。今年の春節に合わせて2月に公開され、中国国内では歴代2位の興行成績を残したという作品だ。スケールの大きなストーリーと、CGを多用した派手な絵面が見所……という、言葉を選ばずに言ってしまえば「ベタな超大作」である。
中国発超大作SF映画「流浪の地球」ひりつくような気迫と余裕が入り混じった衝撃の一本

地球を動かして太陽から逃げろ! 壮大すぎる『流浪の地球』
ストーリーは、太陽の赤色巨星化が予定よりずっと早く進んでしまった近未来の地球から始まる。この地球の危機に際し、各国は連合政府を結成。世界各地に1万基もの巨大なエンジンを設置し、地球ごと他の太陽系に移住する計画を開始する。その道のりははるかに4.2光年。合計で2500年にも及ぶという長旅である。極度に寒冷化が進んだ地上には人類は住めなくなるため、人類は各地のエンジンの地下に都市を築き、地上にはエンジンの維持作業にあたる要員だけが上がるようになっていた。

少年リウ・チーは地下都市の生活を嫌い、義理の妹であるドゥオドゥオと共に地上への脱出を試みる。チーの父ペイチアンは10数年前に地上から国際宇宙ステーションへと写り、地球を引導する任務に就いていた。しかし木星の強い引力により地球を動かすためのエンジンが停止。さらに地球が木星へと衝突する危機が迫る。チーとペイチアン、そして中国人スタッフを中心とした世界の人々は衝突を回避するため必死の行動を開始する。

ストーリーを見てわかる通り、ド直球のディザスターSFである。地球の危機と親子の確執が交錯するところはなんとなく『アルマゲドン』っぽいし、途中でペイチアンが暴走した国際宇宙ステーションのAIと戦うところは『2001年宇宙の旅』っぽいし、宇宙ステーションの外にぶっ飛ばされつつ移動するところは『ゼロ・グラビティ』っぽい。そもそも、地球にエンジンをつけて動かしちゃおうというアイデア自体が『妖星ゴラス』っぽい気がする。とにかく「過去のすごいSF映画のすごいところを頑張って真似しました!」という、ある種の居直りすら感じられる清々しさである。

あわせて読みたい

  • 中国怪作「オペレーションレッドシー」

    中国怪作「オペレーションレッドシー」

  • 「ショックウェイブ」香港映画全部載せ

    「ショックウェイブ」香港映画全部載せ

  • 「ジオストーム」圧倒的ガバガバでイイ

    「ジオストーム」圧倒的ガバガバでイイ

  • 圧倒「ブライト」Netflix凄すぎないか

    圧倒「ブライト」Netflix凄すぎないか

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年5月9日のレビュー記事
    「中国発超大作SF映画「流浪の地球」ひりつくような気迫と余裕が入り混じった衝撃の一本」の みんなの反応 5
    • 匿名さん 通報

      「妖星ゴラスっぽい気がする」じゃなくて、露骨に妖星ゴラスのパクリです 比較動画が出回っているので是非見てください

      2
    • 匿名さん 通報

      こんな幼稚な発想のストーリーを大真面目に作っている民族がいる事に驚かされる。当然、観ません。

      1
    • 匿名さん 通報

      科学考証が突っ込みどころ満載、いっそ木星内を突っ切る方が良かったのでは? でもハリウッド映画になっちゃった所以外は面白かった。

      0
    • 匿名さん 通報

      松本零士の1000年女王では関東平野が飛び立つが、いっそ中国大陸だけ宇宙に飛び立ってほしい。

      0
    • 匿名さん 通報

      このライターはニワカ。妖星ゴラスも知らんのか。一般常識レベルだ。それを日本人がどう思うかも考えろ。問題外の圏外。出直してこい!!

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース