review

粗品号泣「M-1グランプリ アナザーストーリー」芸人たちの緊張と緩和のドラマをご報告

粗品号泣「M-1グランプリ アナザーストーリー」芸人たちの緊張と緩和のドラマをご報告
「井上マサキのテレビっ子からご報告があります」第21回。ライターでテレビっ子の井上マサキでございます。この連載は日々テレビを見ていて気になった細かいこと、今のアレってアレなんじゃないのと思ったことを、週報代わりにご報告できればと思っております。どうぞよろしくお願いします。

いよいよ明日、漫才頂上決戦『M-1グランプリ2019』(テレビ朝日系列)が放送される。総エントリー数は初めて5000組を越え、決勝進出9組中7組が初出場。なにが起こる予感が止まらない。
バックナンバーはこちらから
粗品号泣「M-1グランプリ アナザーストーリー」芸人たちの緊張と緩和のドラマをご報告

バックナンバーはこちらから
年に1回開催される『M-1グランプリ』だが、その裏には多くの芸人たちの物語がある。何年もかけて積み重ねられたそれは、まるで大河ドラマのようだ。今年のM-1グランプリに思いを馳せる前に、昨年のドラマを振り返っておきたい。TVerで配信されている『M-1グランプリ アナザーストーリー』で。

優勝候補だった3組それぞれの軌跡


『M-1グランプリ アナザーストーリー』は、M-1グランプリを主催するABC(朝日放送テレビ)で昨年12月27日放送されたドキュメンタリーだ。

2018年のM-1グランプリは、決勝進出者を3つのグループに分類することができた。結成15年を迎えた「ラストイヤー組」、過去に決勝進出しており出場資格がまだ残っている「常連組」、そして「初出場組」。敗者復活のミキを除くと、それぞれが3組ずつにきれいに分かれていた。

霜降り明星は初出場で、彼らの優勝を予想した人は少なかった。『M-1グランプリ アナザーストーリー』も、最初は優勝候補としてラストイヤー組のジャルジャル、常連組の和牛とかまいたちにスポットを当てる。

M-1グランプリ関連のドキュメンタリーで毎回驚かされるのは、アーカイブの豊富さだ。例えばかまいたち。2004年大会の1回戦、舞台袖に控える結成1年目のかまいたちのインタビューが残っている。「1回戦突破」を目標にしていた初々しいかまいたちは、翌年結成2年目で準決勝に進出。しかしそこから先に進めない。20代の2人が悔しがる姿が、BGMに流れるフジファブリック「若者のすべて」にシンクロする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「粗品号泣「M-1グランプリ アナザーストーリー」芸人たちの緊張と緩和のドラマをご報告」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    見ようと思ったらもう配信終わってた。ガッカリ

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。