明治維新は、日本人の体格にも革命をもたらすきっかけになった=中国メディア

明治維新は、日本人の体格にも革命をもたらすきっかけになった=中国メディア
拡大する(全1枚)

 中国のポータルサイト・百度に22日、日本の近代化の扉を開いた明治維新が日本人の平均身長を伸ばす上でも大きな意味を持ったとする記事が掲載された。
 
 記事は、明治維新前の日本は貧しく、大陸から離れた島国だったこともあり世界的に何ら存在感がなかったと紹介。それが1868年に明治維新が実現すると、以後日本は軍事、政治、文化・芸術、経済発展などの面で天地がひっくり返るほどの劇的な変化、進化を遂げたとし、国家元首である天皇は伝統的な装束姿を止め、ドイツ皇帝のような八の字髭を蓄え、欧州式の軍服を着用するなど、上から下まで至るところに西洋化の風が吹き込み、国内社会から外交に至るまであらゆる点が従前とはすっかり変わったと伝えた。
 
 その上で、明治維新以降の急速な西洋化、近代化により、日本人の平均身長を高め、体格を強壮にすることに繋がる新たな習慣が日本社会に培われる様になったとし、それが肉を食べることだと紹介。日本の近現代文化教育の開祖と称される福沢諭吉が明治に入って間もない1870年に「肉食之説」を著して肉食の宣伝を行ったり、牛乳を飲むことによるメリットを紹介したりしたと伝え、肉を食べ牛乳を飲む習慣が少しずつ日本社会に広がり始めたとした。
 
 そして、明治以降に肉食の機会が増えたことにより、それまで日本人の間で多く発生していた脚気が徐々に減ったほか、日本人の平均身長も徐々に伸びるようになったと説明。大正初期の1914年における日本人男性の平均身長が156センチだったのに対し、100年後の2014年には170センチまで伸びるに至ったきっかけは、生活習慣や食文化に変化をもたらすことになった明治維新なのだと伝えた。
 
 記事は、明治維新が日本の発展に大きく寄与し、弱国から欧米列強の仲間入りを果たす端緒となったことは言うまでもないとした上で、日本人の体格にも「革命」をもたらす重要なターニングポイントになったとの見方を示している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「政治」に関する記事

「政治」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「政治」の記事

次に読みたい「政治」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク