朝ドラ「あさが来た」NHK 月〜土 朝8時〜)12月11日(金)放送。第11週「九転び十起き」第65話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:尾崎裕和

65話はこんな話


炭坑が謎の落盤事故を起こし、中にいた治郎作(山崎銀之丞)が巻き込まれ、行方不明になってしまう。
五代(ディーン・フジオカ)に同行してもらい、炭坑に駆けつけたあさ(波瑠)は、事故の責任はすべて自分にあると謝罪する。

五代友厚の名推理


64話の終わりで激しい爆発のようなものを見せたが、明けて65話は、暢気な亀助(三宅弘城)の顔からはじまる。
単なるフェイントではなくて、亀助のいる場所にも爆発の揺れが及び、それだけの大事故なのだということがわかる細やかさ。
事故の情報は、すぐに大阪の加野屋にも伝わり、あさはさっそく馬で駆けつけようとする。

こんな時、五代が大活躍。一緒に行ってくれるのだ。以前、馬に乗っていた描写は、この時のための伏線だったのか、あさを前に乗せて、颯爽と馬を操るのかと期待したら、馬車に乗って行くという台詞のみだった。セット撮影だから、馬は出せないのかな。
それはともかく、五代はさらに活躍。火薬を見つけ、炭坑の爆発が、自然に起ったものではなく、誰かが作為的に計画したものではないかという謎にたどりつく。服装の雰囲気からいっても、みんなの会話の中に唐突に割り込んでくる感じからも、探偵ものみたいだった。
そして、お留守番・新次郎(玉木宏)は、完全にイクメン状態。