review

藤原竜也にはレジスタンスがよく似合う「そして、誰もいなくなった」6話

       
「そして、誰もいなくなった」(日曜よる10時30分/日本テレビ/脚本:秦建日子 演出:佐藤東弥 出演:藤原竜也 玉山鉄二 二階堂ふみ 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)ほか)
藤原竜也にはレジスタンスがよく似合う「そして、誰もいなくなった」6話
イラスト/小西りえこ

第2章開始。第1章ではエンディングだったクリープハイプ「鬼」がオープニングに昇格。のっけからノリノリで ああもう疲れたよ疲れたよ疲れたよ  と畳み掛ける。

ドラマは刑務所に入れられて、お疲れ気味の小山内(玉山鉄二)の回想からはじまる。

「おれには大学時代の友人が3人いた。(中略)ふたりが死に、残りひとりが失踪して1ヶ月が経つ」
実に端的に、第1章を説明してくれる小山内。
 
失踪した藤堂(藤原竜也)は、母(黒木瞳)のケータイにウイルスメール(ミス・イレイズ)をプレゼントしてデータを消去し、アドレス登録していた人達にウイルスを拡散してしまう。
それが本物の藤堂なのかはわからない。
本物の藤堂は、日下(伊野尾慧〈Hey! Say! JUMP〉)の部屋に、ガキの使いこと馬場(小市慢太郎)と謎の女・君家砂央里(桜井日奈子)と4人で共同生活をはじめていた。
パーソナルナンバーがない者同士、「世界を孤独に。そのために、君たちは今から七つの罪を犯す」 という謎の使命を果たそうと運命共同体となったのだ。

いつものごとく速い展開、起る出来事いっぱいの6話の中で特筆したいのはこの共同生活シーン。
無防備に寝相悪く寝ている藤堂、砂央里の靴下を履いて怒られる馬場。「なんかいいなあ」と笑う藤堂。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

そして、誰もいなくなった

そして、誰もいなくなった

ドラマ「そして、誰もいなくなった」のレビュー一覧

2016年8月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。