review

「ひよっこ」106話。視聴率着実に上昇、高度成長期を描くドラマの決定版になる

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第18週「大丈夫、きっと」第106回 8月3日(木)放送より。 
脚本:岡田惠和 演出:田中 正
イラスト/小西りえこ

連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」106話はこんな話


美代子(木村佳乃)は、世津子(菅野美穂)に、なぜ2年半も、実(沢村一樹)をそのままにしていたのか、厳しく問い詰める。

22.5%から23.5%へ、視聴率が着実にアップのわけ


105回は22.5%、106回は、23.5%と、視聴率はさらに上昇。前作「べっぴんさん」(16年)でやや下がっていた朝ドラへの関心を、取り戻しはじめたように見える。
実在する著名人の成功譚でなくとも、丁寧に人間の生活や個性を描いていけば、愛される。それが長いシリーズ朝ドラのいいところだと、改めて「ひよっこ」に教わった気がする。

拙著「みんなの朝ドラ」のインタビューで、脚本家の岡田惠和は、「ひよっこ」を書くに当たって、「朝ドラはごく普通の人間の生活という、地味な素材が長く(半年間)書ける。僕はそれがすごく好きで、向いていると自分では思っています」と語っている。
彼は「ひよっこ」でその得意な手法を存分に生かしたというわけだ。

クリシェをうまく使う岡田惠和


105回のレビューでも書いたが、人間の生活を地道にこつこつ書き連ねて来たからこそ、100回を過ぎたところで、主人公とその家族の心配の種だった、父の行方不明事件が、こんなにも盛り上がった。記憶喪失は、ややありきたりな設定ではあるが、人間の感情が重視されているので、気にならない。

この記事の画像

「「ひよっこ」106話。視聴率着実に上昇、高度成長期を描くドラマの決定版になる」の画像1 「「ひよっこ」106話。視聴率着実に上昇、高度成長期を描くドラマの決定版になる」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」

家族のために懸命に生きる主人公と個性豊かな登場人物たち、そして笑いと涙のハートウォーミングなストーリーで 最高視聴率22.2%を記録したNHK連続テレビ小説。ヒロインのみね子を有村架純が演じた。2017年4月3日〜9月30日放送。

お買いものリンク