review

武井咲「黒革の手帖」3話。奥田瑛二と高畑淳子の情交はさぞエロかろうと妄想してしまう

8月3日(木)よる9時から放送の木曜ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)第3話。
主要な登場人物とその背景もほぼ出揃い、武井咲の悪女っぷりもだいぶ板についてきた。それぞれの復讐もここからグンと加速していく。
武井咲「黒革の手帖」3話。奥田瑛二と高畑淳子の情交はさぞエロかろうと妄想してしまう
イラスト/小西りえこ

3話あらすじ


銀行の派遣社員から、銀座のクラブ「カルネ」のママに転身した原口元子武井咲)。黒革の手帖に書いた借名口座の情報を利用し、常連である楢林クリニック院長・楢林奥田瑛二)から5,000万円の大金をもらい受けることに成功した。そのせいでパトロンを失ったホステスの山田波子仲里依紗)に恨まれることになってしまう。
元子は、楢林クリニックで婦長として働いていた市子高畑淳子)へ、楢林から得た金の中から1,000万円を退職金として手渡す。「このお金で商売でも始めたら」と勧めるが、市子は気が進まないようだった。

奥田瑛二と高畑淳子の情交はきっとエロい


市子は、元子が楢林に出させた退職金を返しに元子の家へやってきた。そのお金がなければ今後やっていけないだろう、と言いたげに微笑み呆れる元子。市子は声を荒らげる。

市子「元子さん、あなたいま幸せ? 銀座に店を持てて、幸せ? それで本当に満足している?」

元子の母親の事情や、水商売の危うさにも口を出し「あなたには、本当の女の幸せがわかってないのよ」と捨て台詞を残して去っていった。
市子がこんなことを言い出したのは、一度は別れた楢林のもとに戻りたくなったからに他ならない。2話では楢林に「お前のしわだらけの貧乏くさい顔、嫉妬深い目、脱いだストッキングのにおいをクンクン嗅ぐ癖! なにもかもうんざりだ!」と、はっきりと生理的嫌悪を示された。存在を貶められても楢林のもとへ向かう市子、なぜなのか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「武井咲「黒革の手帖」3話。奥田瑛二と高畑淳子の情交はさぞエロかろうと妄想してしまう」の みんなの反応 2
  • 名無し 通報

    高畑さん 更正頑張って下さい

    0
  • 匿名さん 通報

    06:25 淳子母さんは一切悪いことしてないしぃ。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

黒革の手帖

黒革の手帖

「黒革の手帖」レビュー記事一覧

2017年8月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。