review

「トドメの接吻」1話。キス、山崎賢人タイムリープで状況を変える、キス、視聴者は目ざとく伏線回収する

昨年に放送されたドラマ『カルテット』(TBS系)で特に顕著だったが、あらゆる場面に伏線を効かせた作品が昨今では数多い。だからこそ話が進んだ後、遡って数週前を再見すると、スルーしていた些細な出来事に引っかかり驚くのだ。「あの時のアレは、そういうことだったのか!」と。

1月7日よりスタートした『トドメの接吻』(日本テレビ系)は、完全にその類のドラマ。(関連
「トドメの接吻」1話。キス、山崎賢人タイムリープで状況を変える、キス、視聴者は目ざとく伏線回収する
「山崎賢人 連ドラ初主演 トドメの接吻 ダーティーホスト役 新聞記事」(amazonより)株式会社メイジャー

この作品は“伏線”と“タイムリープ”が綿密に絡み合っている。

山崎賢人が断言「愛なんか求めるから人は不幸になる」


歌舞伎町のホスト・堂島旺太郎(山崎賢人)は、ホストクラブ『ナルキッソス』のNo.1。ちなみに「ナルキッソス」とは、泉に映る自分の姿に恋い焦がれたまま命絶えた、ギリシャ神話に登場する美少年のこと。「ナルシスト」の語源でもある。

偽りの愛で女性を夢中にさせ、金が尽きたらポイ捨てするのがこの男のやり方だ。
「愛なんか求めるから人は不幸になる。必要なのは愛なんかじゃない」
「偽りの愛を振りまいて、俺は成り上がる」
そう断言する彼の人間性と店名は親和性があるということ?

しかし、同作の鈴木亜希乃プロデューサーは「まんたんウェブ」のインタビューにて発言している。
「徐々に分かるのですが、旺太郎はある過去を背負っていて、ただのクズではないわけです」

そういえば。個人資産100億円のホテル王・並樹グループのご令嬢・美尊(新木優子)がナルキッソスに来店した際、旺太郎はこんな言葉も放っている。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年1月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トドメの接吻

トドメの接吻

『トドメの接吻』は、日本テレビで放送されている連続ドラマ。山崎賢人が演じる主人公のホストが、キスで相手を殺す女の手にかかり、死のタイムリープを繰り返すというサスペンスストーリー。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース