review

「未解決の女」3話。鈴木京香の妄想レベルなエスパー推理だけを根拠に捜査を進める警察がヤバイ

未解決の女・警視庁文書捜査官』(テレビ朝日・木曜21:00〜)第3話。

熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文書解読のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組んで「文字」を手がかりに未解決事件を解決していく本作。

第3話となり、ふたりともキャラをつかんできたのか、ちょこちょこと演技のテコ入れが見受けられるのだが、特にグッときたのが「センパイ、〜〜ッスよ!」という矢代の口調。今までそんなしゃべり方してたっけ!? いや、すんごくいいんだけど。

クールビューティー・イメージの強い波瑠による体育会系熱血キャラというだけでギャップ萌えだったのだが、さらに体育会系要素を強めていてタマラナイ。

極度の「文字フェチ」で、世間離れしていそうな鳴海も、「シワ」という言葉に過剰に反応したり、日焼け(紫外線)を気にしたり、唐突に「ああ……恋がしたい!」とつぶやいたり、かわいらしい一面を出してきている。

このふたりをサポートする財津(高田純次)と草加(遠藤憲一)、やたらイヤミを言ってくるのに手柄は横取りしようとする嫌な上司・古賀(沢村一樹)など、周辺の人たちもキャラが立ってきて俄然楽しくなってきた。

ただ、事件の方はやっぱり微妙だったけど。

くたびれた吉田栄作の演技がいい!


今回の事件は5年前、真っ昼間の自転車駐輪場で大学生・舞阪佳織(福原遥)が刺殺されたという事件。

例のごとく未解決のままとなっていたのだが、新たに起こった殺人事件の被害者・与田秀樹(深水元基)が、かつて佳織と交際していたということから再捜査がはじまる。

与田の腕に入った「MISEBAYANA」というタトゥーは、百人一首の90番(相手のつれなさを嘆き、恋心の辛さを訴えた歌)から取られたものではないかと推測。

さらに佳織が殺害された時、百人一首の札を握りしめたまま死んでいたということから、百人一首をカギに捜査が進められていく。

佳織がかつて通っていた大学で百人一首を研究している教授・塚本秀平(吉田栄作)にも聞き込みに行くが、いい歳して独身で変わり者、佳織の住んでいた久我山駅周辺での目撃証言もあり、塚本教授が佳織のストーカーをしていたのではないかという意見も出てくるが……。

この吉田栄作の演じる、地味でくたびれた大学教授役がまた、いい味を出していた。

かつてトレンディの権化だった吉田栄作が女子大生たちから「キモーい」と言われ、あまつさえストーカー扱いされようとは。平成の終わりを感じてしまうけど、バブルでトレンディだった頃の暑苦しさ全開の演技よりも、心を掴まれる。

吉田栄作とともに「トレンディ御三家」をになっていた織田裕二がいまだにバブル&トレンディ感を引きずっていたり、加勢大周がアレなことになっていたりすることを考えると、吉田栄作、かつての輝きはないけどいい役者になってます。
「未解決の女」3話。鈴木京香の妄想レベルなエスパー推理だけを根拠に捜査を進める警察がヤバイ
イラストと文/北村ヂン

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る 2018年5月10日のレビュー記事をもっと見る
「「未解決の女」3話。鈴木京香の妄想レベルなエスパー推理だけを根拠に捜査を進める警察がヤバイ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    競馬で万馬券落とした。もう誰かが拾ったかな?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

未解決の女

未解決の女

「未解決の女」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース