review

安達祐実が赤ちゃんの生き血をすする吸血鬼に!「ミス・シャーロック」の不穏度急上昇中

真夜中過ぎ、古めかしい家に赤ちゃんの泣き声と女性の叫び声が響き渡る。夫がかけつけると、妻の安達祐実がゆっくりと顔を上げる。その口もとにはべっとりと赤ちゃんの血が……ギャー!

完全にホラー映画のテイストで始まったhuluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』。人並み外れた洞察力と知識を持っている変人の捜査コンサルタント・シャーロック(竹内結子)と戦地から帰ってきた元医師で常識人の和都(貫地谷しほり)が難事件に立ち向かう。
安達祐実が赤ちゃんの生き血をすする吸血鬼に!「ミス・シャーロック」の不穏度急上昇中
イラスト/まつもとりえこ

先週配信された第4話のタイトルは「武蔵野ヶ丘のヴァンパイア」。前回は貫地谷しほりが電流拷問されていたのに、今回は安達祐実が吸血鬼に……!? 森淳一監督は「Huluで連続ドラマをやるなら、原作にあるグロテスクな描写や麻薬に関する表現など、地上波でできないものができると思いました」とコメントしていたが、不穏すぎるよ! 

今週もネタバレなしでお送りします。

シャーロック、「コウモリの怨念」説を瞬殺


シャーロックのもとに依頼を持ち込んだのは、和都の幼なじみの若杉(高橋努)だった。彼の再婚した妻、さくら(安達祐実)が生まれたばかりの赤ちゃんの生き血をすする吸血鬼になってしまったという依頼である。

シャーロックたちが若杉家を訪れると、さくらの母・静枝(朝加真由美)が謎の祈祷を行っている最中。若杉家には「コウモリの怨念」の言い伝えがあった。屋敷に棲み着いていたが駆除されたコウモリの呪いでさくらが吸血鬼になったというのだ。真剣な顔で話を聞く和都だが、シャーロックは「コウモリの怨念」説を瞬殺する。

あわせて読みたい

  • 竹内結子と死体「ミス・シャーロック」

    竹内結子と死体「ミス・シャーロック」

  • 「ミス・シャーロック」の性格と死体

    「ミス・シャーロック」の性格と死体

  • 「海月姫」瀬戸康史美しすぎる描かせて

    「海月姫」瀬戸康史美しすぎる描かせて

  • 「フリンジマン」板尾創路の愛人ドラマ

    「フリンジマン」板尾創路の愛人ドラマ

  • レビューの記事をもっと見る 2018年5月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ミス・シャーロック

    ミス・シャーロック

    「ミス・シャーロック」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース