review

「未解決の女」浮気目的に複雑な暗号を使いこなすヤリチンなんてイヤだ6話

矢代朋(波瑠)と鳴海理沙(鈴木京香)のバディが「文字」を手がかりに事件の謎を解いていく『未解決の女・警視庁文書捜査官』(テレビ朝日・木曜21:00〜)第6話。

今回の事件は、6年前に起こったダンサーの遠藤千鶴(板野友美)殺害事件。

鉄パイプで頭部をぶん殴って殺すというワイルドにもほどがある殺害方法。一応、指紋を残していなかったり、財布を盗んで強盗に見せかけたりと気は遣っているものの、例のごとく大して隠蔽する気もなさそうな大ざっぱな犯行だ。

『未解決の女』というタイトルだけに、未解決事件にならなければ話がはじまらないので仕方ないものの、毎度の事ながらどうして当時の警察はコレを解決できなかったのか!?
「未解決の女」浮気目的に複雑な暗号を使いこなすヤリチンなんてイヤだ6話
イラストと文/北村ヂン

「仲間のピンチにはみんな立ち上がるぜ!」パターン


実はこの遠藤千鶴は、矢代の高校時代の同級生。

矢代が出席した同窓会でも、当然その話題が持ち上がっており、久々に再会した同級生・磯野賢治(柳下大)から「遠藤が殺された事件、犯人が分かったかも知れない」と打ち明けられる。

SNSの同窓会グループのメンバーの中に犯人がいると考えているようなのだが、邪魔が入り詳細は聞けずじまい。

すると翌日、磯野は何者かに包丁でブッサリ刺されて殺されてしまったのだ。

高校時代の友人がふたりも殺害され、特に磯野に関しては「あの時ちゃんと話を聞いていれば事件を未然に防げたのでは……」と責任を感じ、落ち込む矢代。

メインキャストの知り合いが犯行に巻き込まれる。または知り合いが犯人で……という、長期シリーズの刑事ドラマで一度くらいは出てくる定番のエピソードだ。

あわせて読みたい

  • 「未解決の女」人情で何となく解決

    「未解決の女」人情で何となく解決

  • 「未解決の女」妄想レベルエスパー推理

    「未解決の女」妄想レベルエスパー推理

  • 「未解決の女」第2話の闇のオーラ

    「未解決の女」第2話の闇のオーラ

  • テレ朝刑事物増えすぎ!「未解決の女」

    テレ朝刑事物増えすぎ!「未解決の女」

  • レビューの記事をもっと見る 2018年5月31日のレビュー記事
    「「未解決の女」浮気目的に複雑な暗号を使いこなすヤリチンなんてイヤだ6話」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      トリックを暴くのが爽快 波瑠が可愛い 話のテンポが速くてイライラしないで済む このシリーズはすんばらしいと思っただ。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    未解決の女

    未解決の女

    「未解決の女」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら