老後のために貯蓄に励む日本人、だから消費が伸びないのでは・・・=中国

老後のために貯蓄に励む日本人、だから消費が伸びないのでは・・・=中国
中国メディアは、「日本人が老後の為に蓄える資産と、老後の経済観念」について扱う記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 日本で深刻化しつつある少子高齢化。実は一人っ子政策を行ってきた中国でもその傾向が見られるようになっている。それゆえ、中国人のなかには日本人の「老後の経済問題」に関心を持つ人は少なくない。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人が老後の為に蓄える資産と、老後の経済観念」について扱う記事を掲載した。

 記事は、日本の統計を紹介し、日本全国で世帯主が65歳以上の家庭の平均資産が約2003万円であったと紹介し、すでに撤回されたが日本の金融庁が「夫婦が95歳まで生活するために必要な資産が2000万円と報告」したことからしても、「日本人が安定した老後を過ごすためには巨額の蓄えが必要である」と伝えた。

 続けて、日本人は中国人よりも欲が少なく、価値観や生活スタイル、消費概念は質素であると主張し、それゆえ中国人からすると日本人が老後のために蓄える金額が大きいことは「驚きである」と主張した。

 続けて、日本人が若いうちから老後のために貯蓄をし、さらに退職する年齢を延長してまで働こうとする理由について独自の分析を展開し、中国と比較すると日本は福祉が充実しているとは言え、基本的な保証に限られているので、「自身の老後に備えて貯蓄をする」のが最も現実的な方法と考える人が増えていると主張。さらに、1970ー80年代の経済成長期に現役で働いた世代は現在の若者よりも収入が多かったことから貯蓄も可能であったとしながらも、現在の現役世代にとって2000万円を貯めるのは簡単なことではないと分析した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月24日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。