review

高橋一生「僕らは奇跡でできている」「楽しそうな人」と「楽しくなさそうな人」がくっきり分かれる3話

高橋一生主演のドラマ『僕らは奇跡でできている』。変わり者でマイペースな動物行動学者・相河一輝(高橋一生)と彼をとりまく人々の姿を描く。脚本は『ピュア』や『僕の生きる道』シリーズの橋部敦子。

先週放送された第3話の視聴率は少し盛り返して6.2%。じんわりとドラマの良さが人々に広がっているような気がする。

第3話のサブタイトルは「少年を動物園に連れサル!?」。一輝が歯医者で知り合った9歳の少年・虹一(川口和空)を動物園に連れ出してしまい、彼の母親の涼子(松本若菜)や歯科医の育実(榮倉奈々)を巻き込んで大騒動になる……という話だったのだが、サブタイトルがそれほど深刻じゃない。
高橋一生「僕らは奇跡でできている」「楽しそうな人」と「楽しくなさそうな人」がくっきり分かれる3話
イラスト/Morimori no moRi

夢中なのに早口や大声にならない高橋一生


動物園のニホンザルのボスが交代しようとしていた。ボスの交代は5年から10年に一度でめったに見られない。嬉しくて仕方がなさそうな一輝は動物園のサル山に日参する。

教え子の琴音(矢作穂香)は、いつも楽しそうな一輝に興味津々。「だって面白いじゃん」と周囲に言いつつ、じわりとアプローチしていく。

動物園のサル山にまでやってきた琴音に一輝がゴリラのカップル成立の過程を説明するシーンで、高橋一生の「毛づくろい」がSNSで話題になったが、それよりも高橋一生がシャイなゴリラのようにパーソナルスペースに入ってくるシーンのほうがドキドキした。高橋一生の話すトーンが、夢中なんだけど、早口や大声にならないところもポイント大きい。実はけっこう難しい話し方なんじゃないだろうか。

あわせて読みたい

  • 高橋一生 僕らは奇跡でできているの肝

    高橋一生 僕らは奇跡でできているの肝

  • 卑屈な高橋一生もいい「カルテット」

    卑屈な高橋一生もいい「カルテット」

  • 高橋一生の疑問に「プリンセスメゾン」

    高橋一生の疑問に「プリンセスメゾン」

  • 松本潤「99.9」親父ギャグで真相究明へ

    松本潤「99.9」親父ギャグで真相究明へ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年10月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    僕らは奇跡でできている

    僕らは奇跡でできているのレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース