review

新次郎が心配です「あさが来た」145話

朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)3月21日(月)放送。第25週「誇り高き人生」第145話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:尾崎裕和
新次郎が心配です「あさが来た」145話
イラスト/小西りえこ

145話はこんな話


明治維新以来のピンチ大阪恐慌によって、銀行がたくさん倒産をはじめ、加野銀行にも激震が走る。

サポートに徹する新次郎


押し掛けてきた人たちを見事に捌くあさ(波瑠)。
「あと五分、
あと四分、お待ちになっておくれやす(にっこり)」なんて、ユーモアも交える余裕もあって、こういう人、かっこいいなあと思う。
一方、新次郎(玉木宏)も、「うちの格別なおなご」とあさを全面的に信じて大らかに構え、それによって銀行の人たちの気持ちをも落ち着かせる。
渋沢栄一(三宅裕司)の言葉を思い出させるなど、抜群のサポート力を発揮し続ける新次郎。「ねぎらう」のが仕事とばかり、せっせとお茶を煎れたり、肩を揉んだり。
だが、三味線仲間が亡くなりはじめ、ひとりで寂しいので茶道をはじめるなど、なんだかちょっと現役感がなくなってきているのが寂しくもある。
ここのところ、銀行、大学校とビジネス編及び、娘の恋編になってしまっていたので、新次郎の役割があまりなく、ちょっとした助言するか、面白い部分を担う(娘の男に嫉妬するなど)しか他ないのだ。
その若干の所在なさと、老いてきて動作がやや遅くなっているところを、玉木宏がさりげなく演じている。華があるからどうしたって目立ってしまうのだが、もっとジミメンだったら、かなり肩身の狭いキャラになっていたかもしれない。いや、逆に、華があり過ぎるからよけいに何もしてない感が際立ってしまうのかもしれない。捌き方が難しい役を、玉木宏はギリギリまで抑制した演技で、品位を保ち続ける。その姿は、雪の中で咲く椿のようだ。
自分で選んだ人生(生き馬の目を抜くビジネスの世界に身をおかない)だから悔いはないだろうけれど、今、新次郎の心のなかが気になる。このもやもやこそ、ドラマだ。
(木俣冬)

木俣冬の日刊「あさが来た」レビューまとめ読みはこちらから

あわせて読みたい

  • 千代の初恋は五代「あさが来た」143話

    千代の初恋は五代「あさが来た」143話

  • なぜまた五代「あさが来た」142話

    なぜまた五代「あさが来た」142話

  • 叩かれるのはめでたい「あさが来た」

    叩かれるのはめでたい「あさが来た」

  • クマとタコと五代友厚「あさが来た」

    クマとタコと五代友厚「あさが来た」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年3月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    あさが来た

    あさが来た

    『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら