中居正広がSMAPを例にSixTONESに語ったアイドルの成功法<柚月裕実のWeekly“J”>
イラスト/おうか

柚月裕実の「Weekly“J”」#41<8月9日〜8月15日>

中居正広・SixTONES

アイドルファン歴25年超の筆者が一週間の出来事からトピックを紹介するこのコーナー。8月9日からの一週間より、印象的なトピックスをご紹介します。

【関連レビュー】中居正広 オーケストラのマエストロのごとく場をあやつる見事な司会ぶり

今回は8月13日放送の中居正広がMCを務める『金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)について。半年ぶりに続編が放送されたSixTONES登場回をピックアップ。笑いに溢れるトークを展開しながらも、中居先輩がSixTONESに真剣アドバイスしていた。

待望の続編! 金スマSPで中居正広がSixTONESに語ったこととは?

前回の放送は2021年2月5日。「中居も知らない新世代ジャニーズ」と題して、事前に仕掛けたドッキリ企画やトーク企画を通してSixTONESの魅力に迫った。あれから半年。ついに放送された続編では「超貴重なゲストすぎて入りきらなかったSP」と題して、松任谷由実、SixTONES、モノマネ界の新星が出演した放送回の続編。

上半期大ブレイクとして紹介されたSixTONES。2020年98本だったテレビ出演も、2021年8月で233本と大幅に出演回数を伸ばした。

前回に引き続き「SixTONES一斉調査」として中居からの質問にメンバーがスマホの記名・匿名を使い分けて回答。それを基にトークを展開。前回の放送も交えながら未公開シーンが大放出された。

まずは家の話から。6人全員が互いの家を知っていると話すSixTONESに、テーブルをバンっ!と叩いて「おい! いつエイブル出てくるんだよ! フツーに喋ってんじゃねぇよ」と中居。早くも洗礼の場面。2月の時点ではSixTONESがエイブルのCMに出演していたのを踏まえてのツッコミ。急なフリに驚いたものの、ここまで強く言えるのも後輩だからではないか。その後はジャニーズ入所のきっかけなどのエピソードが語られた。

そしてSNSでも多数の反響が寄せられ、中居も「絶対オンエアしてね!」と訴えたのは、超がつくほどの真剣アドバイスだった。

松村北斗が「中居さん、グループとして大成功されたグループのお一方」と前置きし、「SMAPさんって個々にここだっていう、一人ひとりが好きなジャンルを極めているのかなって思うけど、やっぱグループとしてきちんとしている。僕らもそういう……スタート地点に立っている感じがして」と、SMAPを例に挙げ、グループとして成功する方法を質問した。

中居は「難しいな」としつつも、「個々でやるのはやった方がいいと思います」と切り出した。「いまスタートラインっておっしゃってましたけど、スタートラインはまだじゃないかなと思います」「芸能界でのスタートラインはやっぱり8年ぐらいしてからかなって。で、ようやく」と、少し表情を硬くしながら続けた。

「若さってすごい武器ですから。これがやっぱり10年経って33、34歳ぐらいになった時に、その10年間の間にどういう武器を。いまだから…『キャー』って言われてる、1位ですって記録を持ってるときの間にどれだけ自分の武器を磨くことができるかってのが大事かもしれない。ここで胡坐をかいてたら、10年経ったときに『あれ? 何もなくなっちゃった』みたいな」