review

『THE MUSIC DAY』ジャニーズメドレーを細か〜くウォッチ<柚月裕実のWeekly“J”>


柚月裕実の「Weekly“J”」#35<6月27日〜7月4日>

THE MUSIC DAY

アイドルファン歴25年超の筆者が一週間の出来事からトピックを紹介するこのコーナー。6月27日からの一週間より、印象的なトピックスをご紹介します。今回ピックアップするのは、7月3日放送の音楽特番『THE MUSIC DAY 音楽は止まらない』(日本テレビ系)で披露したジャニーズメドレーについて。

【関連レビュー】Sexy Zone 10周年メモリアルイヤーで輝くメンバーをウォッチ

櫻井翔がMC、ジャニーズ総勢11組が出演

7月3日昼3時から8時間に渡って生放送された『THE MUSIC DAY 音楽は止まらない』(日本テレビ系)。9年連続で総合司会を務めたのは櫻井翔。司会には羽鳥慎一と水卜麻美アナウンサー。NEXTゲートにはバカリズムと市來玲奈アナウンサーとお馴染みの面々が揃った。

ジャニーズからは11組のグループが出演してそれぞれの楽曲を披露したほか、風間俊介は「DREAMS COME TRUEスペシャルドラマ企画」に俳優として出演。

櫻井が『名探偵コナン』とのコラボに、サックス演奏を披露、中島健人×羽鳥慎一のコラボと、様々な企画に登場した。中でも注目を集めたのは、やはりジャニーズメドレーだろう。

Part1では「ジャニーズメドレー国民が選んだ人気ダンス曲」として7曲を披露した。トップバッターは嵐「Happiness」。イントロでは「ニッポン全国、御唱和ください」と櫻井と各グループがコール&レスポンス。ピースサインをしながら一気に華やかな雰囲気に。

続いてKAT-TUN「Real Face#2」King &Princeが歌唱。正統派王子様系アイドルの印象が強いかもしれないが、ゴールドのスタッズやラメが光る赤のハードめな衣装で登場したキンプリ。歌い出しは平野紫耀から。永瀬廉、神宮寺勇太とフォーカスされ、岸優太のラップが重なる。この楽曲の注目ポイントといえば、本家KAT-TUNで亀梨和也が担当する舌打ちパート。今回は、高橋海人がクールな視線でキメた。

続いてタッキー&翼「夢物語」をKAT-TUNが披露。毎回、衣装には定評のあるKAT-TUN。『15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN』ツアーでも着用した、深みのある上品なブルーを基調にした衣装で登場。センターの亀梨和也は腰までのショートジャケット。ネックラインを飾るスタッズにチェーンと大胆さと繊細さが共存するビジューな装飾。腰からは異素材ミックスのドレープが揺れる。ひざ下までのロングジャケットを着こなすのは中丸雄一。首元から白いシャツの襟をのぞかせて正統派な雰囲気。一方、上田竜也は、スーツスタイルに、大胆に開けた胸元にゴツめのネックレス、そして大振りのマントを揺らす。情熱的な楽曲にKAT-TUNらしいクールさを盛り込んだステージに。

ジャニーズWEST「ええじゃないか」を歌ったのは関ジャニ∞。関西の後輩グループの楽曲だけにフィット感が半端ない。大倉忠義は舞台出演中ということで、大倉のぬいぐるみを抱えて登場した丸山隆平。表情たっぷりに歌うメンバーに、ツッコミを入れるように歌いあげる村上信五。底抜けな明るさで空気を変えるのは関ジャニ∞ならでは。

続く後輩・ジャニーズWESTへ。彼らが披露したのはシブがき隊「スシ食いねェ!」濱田崇裕が白い板前に、メンバーが青い法被姿で濱田を囲むように登場。「気合の入れ方…!」とツッコまずにはいられなったが、中間淳太、桐山照史、藤井流星、小瀧望と、メンバーの歌唱に濱田が合いの手を入れていく。これが気持ちよく響いて、活気に溢れるステージに。メンバー同士が目を合わせて笑う一幕もあり、とにかく楽しそうなジャニーズWESTだった。

続いて、黄緑と黄色の大胆な照明に照らされ、SixTONESが披露したのはトラジ・ハイジ「ファンタスティポ」。イントロからゆっくりとピースサインを上に、続いて拳を作ってネコ手と、可愛らしい振り付けが新鮮。長めの黒髪から覗く視線に色気たっぷりの田中樹、楽曲にぴったりな笑顔の高地優吾森本慎太郎&松村北斗はクールでオシャレな雰囲気。中央奥に構えるはジェシー&京本大我。黒と赤の衣装のコントラストで惹きつける。ジェシーのウインク、クールな印象の松村もこやかな表情、森本の視線外しに目を奪われ、最後は京本のウインク。甘くてセクシーで胸キュンも誘う、不意打ち連発のSixTONESだった。

そして、SMAP「世界に一つだけの花」を披露したのはV6。イントロで右手を上に挙げた岡田准一に続き、拳を上にリズムをとる井ノ原快彦、両手を振った長野博。全曲に比べてスローペースではあるがサビの振り付けは原曲に忠実に、メンバー全員が40代と大人の雰囲気で、V6らしい説得力ある歌唱で聴かせた。最後はKinki Kids「硝子の少年」を7組で。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「音楽」に関する記事

「音楽」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「音楽」の記事

次に読みたい「音楽」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク