日中のノーベル賞受賞者の数がこんなに違う理由、結局のところは・・・=中国メディア

日中のノーベル賞受賞者の数がこんなに違う理由、結局のところは・・・=中国メディア
中国メディアは、中国人のノーベル賞受賞者は非常に少ないことを指摘し、ノーベル賞受賞者を多く輩出する日本と中国はどこが違うのかについて分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 2019年は吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞し、2001年に「50年間で受賞者30人」という目標を掲げてから、日本は米国籍も含めると19人のノーベル賞受賞者を輩出している。中国メディアの今日頭条は2日、中国人のノーベル賞受賞者は非常に少ないことを指摘し、ノーベル賞受賞者を多く輩出する日本と中国はどこが違うのかについて分析する記事を掲載した。

 記事は、日本が以前に「50年間で受賞者30人」の目標を掲げた時、中国メディアは日本が「大言壮語」を吐いていると報じていたが、すでに半分以上実現していることに愕然としたと紹介。それに比べて中国では莫言氏と屠??氏の2人しか受賞していないと主張した。どうやら中国では劉暁波氏のノーベル平和賞受賞はなかったことになっているようだ。

 しかし記事は、中国人の受賞者が少ないことは「中国人が賢くない」ということを意味しているわけではないと主張。一番の違いは「教育」でもなく、結局のところは「金」であると結論付けている。中国では、金がなければ何もできないとよく言われるが、日本の科学技術がここまで発展したのも「資金があったからだ」と論じている。

 記事によると、日本はバブル経済崩壊後でさえ研究開発にかける費用を減らさなかったので、今があるという。日本ではそれだけ研究開発に投資してきたともいえるだろう。そのため、日本では自由に研究できる環境があり、科学者という職業も社会的地位が高く待遇も良いと、「やはり金」に尽きると主張している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年11月5日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。